2021年度 関東大学春季CDブロック対抗戦

神大ゴルフ部4年広報担当の吉田です。

5月15日(土)~16日(日)の日程で、杉ノ郷カントリークラブにて、2021年度関東大学春季Cブロック対抗戦が行われました。

今回は、リーグ自動昇格上位2校・自動降格下位2校でした。

今大会の出場校は、神奈川大学、早稲田大学、東北学院大学、帝京大学、東京大学、青山学院大学、拓殖大学、学習院大学の8校でした。

2日間のスコアとトータルスコアは上位から
1位 早稲田大学   380 376 (756) B昇格
2位 東北学院大学  382 389 (771) B昇格
3位 神奈川大学   391 384 (775)
4位 帝京大学    407 392 (799)
5位 東京大学    402 405 (807)
6位 青山学院大学  408 402 (810)
7位 拓殖大学    404 412 (816) D降格
8位 学習院大学   417 407 (824) D降格

という結果でした。
優勝は早稲田大学でしたが、19打の差があり、2位の東北学院大学にはあと4打という悔しい結果となりました。

まずはこの状況下の中で競技を開催してくださった杉ノ郷㏄さんにはありがたく感謝申し上げます。
また大会を無事に終えられたこと、マスク着用やアルコール消毒はもちろん、ロッカールームやレストランの使用禁止など感染対策を徹底した事による感染拡大を防止できたことを嬉しく思います。

今回の開催で感じたことは早稲田大学さんのプレーだけでなく挨拶やマナーもとても感じが良かったです。
挨拶の声の大きさや一人一人にお辞儀するところ、同伴競技者への「ナイス」や「ドンマイ」などの声かけもしっかりとしており、そしてプレー終了後にはこれから上がってくるメンバーの帰りを整列して待っていたことも印象的でした。
早稲田大学さんを見習い、今後の活動へ取り組んでいきたいと思います。

次回の秋季CDブロック対抗戦ではBブロックへ昇格できるよう、チームプレー意識し、日々精進してまいります。
今回も応援ありがとうございました。
今後も引き続き応援の程宜しくお願い申し上げます。
IMG_1904