平成30年度関東大学春季 Bブロック対抗戦

神奈川大学ゴルフ部広報2年の尾野です。
5月26日.27日の2日間、サザンヤードカントリークラブ(Par72)にて平成30年度関東大学春季Bブロック対抗戦が行われました。

今大会の出場校は、専修大学、神奈川大学、日本体育大学、法政大、駒澤大学、中央大学の6校でした。

初日終了時のスコアは上位から

1位 専修大学          510(+6)
2位 日本体育大学 521(+17)
3位 法政大学         521(+17)
4位 中央大学        540(+36)
5位 駒澤大学        545(+41)
6位 神奈川大学    546(+42)

という結果でした。
Aブロックに昇格するためには2位以上に入ることが必須であるなかで、初日を終えた時点で1位と36打差、2位と25打差という厳しい結果でした。

2日目のスコアとトータルスコアは上位から
1位 専修大学         522  1032 (+24)
2位 日本体育大学 533  1054(+46)
3位 法政大学        541  1062 (+54)
4位 駒澤大学        532  1077(+69)
5位 中央大学        539  1079(+71)
6位 神奈川大学    543  1089(+81)
という結果でした。
これにより、専修大学と日本体育大学の2校がAブロックに昇格となりました。
2日目にスコアの差を縮めることができず、神大は1位と57打差、2位と35打差、3位と27打差、4位と12打差、5位と10打差の6位という結果で春季リーグ戦を終えました。

今回のリーグ戦は上位2校がAブロックへ昇格できるというこれまでに無い大きなチャンスでしたが、ものにすることができませんでした。
Cブロックへの降格が無かったため秋もBブロックで戦うことになりますが本来であれば降格してしまう順位でした。
この結果に対して出場した選手が1番悔しいと思いますが、応援組も同様に悔しさと試合に出れない不甲斐無さを感じたと思います。

秋季リーグ戦はマッチプレー競技です。
今のままだとまた同じような結果になってしまうと思います。
秋こそはBブロック優勝、Aブロックへ昇格するためには個々人がレベルアップしてチームの底上げをすることが必要です。
今後は練習ラウンドで積極的にマッチプレーを取り入れて相手に惑わされず自分のプレーに集中する力を鍛えていきます。
そして、今回のリーグ戦で味わった悔しさを忘ずに各々が練習に励みたいと思います。

今回も応援して下さったOBの方々、御関係者の皆様、毎度応援のほど誠にありがとうございます。より一層努力して参りますので今後ともよろしくお願い致します。

 IMG_9379
IMG_9398
IMG_9416
IMG_9453
IMG_9460
IMG_9474
IMG_9590
IMG_9796
IMG_9665
IMG_9508
IMG_9439
IMG_9651
2018